ネットカフェ難民とは?

ネットカフェ難民とは、アパートなどの住宅を持たず、24時間365日営業しているインターネットカフェで寝泊りをしている人々の事。

そしてこのネットカフェ難民とは造語であり、略してネカフェ難民とも呼ばれています。

この言葉が世の中に広まったのは、2007年1月28日にNNN系列のドキュメンタリー番組「NNNドキュメント」によって放送されたのがキッカケ。

当時放送されたタイトルが「ネットカフェ難民 漂流する貧困者たち」でした。

放送内容は住所不定の若者が、ネットカフェを転々と泊まり歩いている密着取材のドキュメンタリーでした。

タイトルは当時のチーフディレクターが付けたそうで、この言葉を利用した事によって各メディアなどからも注目が集まるようになったそうです。

そしてこの放送の2007年の新語・流行語大賞のトップ10として「ネットカフェ難民」が選ばれました。

現在の日本の貧困や格差社会の象徴の言葉として、世の中に深く浸透している言葉です。

ネットカフェは安ければ1000円程で、朝まで過ごす事が出来る場所もあります。

ホームレスの一歩手前とも言われており、主な収入減は日雇いでのアルバイトや派遣社員として働いています。

日雇いなどでのアルバイトでは、一ヶ月の最低生活費(家賃、光熱費、食費)などの金の工面が難しく、また毎日安定した仕事と給料の受け取りも難しいため、貯金をすることも難しいのです。

ネットカフェを利用するのには理由があり、それはフリードリンクの利用や個室で静かで落ち着ける空間でもあるからです。

明日の仕事があるかも分からない中、一食の食事にお金を掛けれない事から、フリードリンクを利用してお腹を満たし食事としている事もあるそうです。

またネットカフェは本来、インターネットや本、新聞などの利用が出来る場です。

いわば毎日の情報源が常に閲覧でき、さらに個室との事なので周囲の目を気にする事無く朝まで眠りに付く事も出来ます。

ネットカフェ難民はマスコミが生み出した?

ネットカフェ難民と言う言葉は、元々NNN系列のドキュメンタリー番組「NNNドキュメント」が「ネットカフェ難民 漂流する貧困者たち」と題して放送したのがきっかけです。

この言葉が広く浸透したのは各マスメディアによる引用が、広く人々の耳に浸透したのだと思います。

元々はドキュメンタリーのタイトルではありましたが、この造語を広めたのはマスコミであると思います。

ドキュメンタリーでは住所不定でありネットカフェで寝泊りしている若者に密着。
生活費の元は派遣などの日雇いアルバイトで稼いだお金が収入源となっています。

ホームレスだって住所不定なので彼らとは同じように感じますが、ネットカフェ難民は働く意思があります。

そのためホームレスとは別の言葉で区別して、この造語が誕生したのだと思います。
ではなぜネットカフェで寝泊りする人が増えているのか?

それはネットカフェの利用者が多く、経営ビジネスの一環として料金を下げた事により利用しやすいことです。

これまでの時間毎の料金発生ではなく、深夜から朝方に掛けてのナイトパックなど格安の料金が人気です。
一晩過ごすのに約1000円程で快適に泊まれるのだから、寝泊りする人たちのことが良くわかりますね。

しかもネットカフェによってはシャワー室完備などの場所もあります。

どう言う理由でシャワー室完備なのか私には分かりませんが、おそらく長時間パックなどの利用者が利用するのかと思います。

あと出張などで時間潰しなどで、帰宅する前にシャワーで汗を流す?などの理由で利用する人も多いのだと感じます。

目的は何にしろ、自宅のない彼らにとってこのシャワー室完備は嬉しい設備だと思います。
またネットカフェの多くにはフリードリンクの設備があります。

まともな食事を毎日取るとなると費用が嵩むので、カロリーのあるドリンクや炭酸飲料でお腹を満たしている人も居ます。しかし最近はこの言葉も耳にすることがなくなりました。

説によるとマスコミが作り出した造語であり、現実にはネットカフェ難民と呼ばれる人は居ないとも言われています。

理由として殆どのネットカフェでは利用の際に、会員カードの提示が必要であり作成には身分証明書が必要である事です。そのため住所不定のネットカフェ難民は、会員カードが作れず利用できないのでは?と言われています。